外壁塗装の必要性

新築の住宅でも、築年数が経てば劣化して外壁にヒビが入ってしまったり、屋根に隙間が出来たりと様々な問題が生じてしまいます。住宅にヒビや隙間が出来てしまうことで、雨や風が入ってきてしまうのです。このような問題を改善するためにも外壁塗装は必要となります。また外壁塗装業者も数多く存在しているので慎重に選ぶようにしましょう。

セルフ塗装は危険?プロの塗装業者に依頼することの重要性

家

外壁塗装で必要な道具

外壁塗装を個人で行なう場合には、前もって道具を用意しておくようにしましょう。使用する道具は、塗装をするためのローラーやはけ、マスキングテープなどが挙げられます。ローラーやはけなどは、塗装をする時に使用されるものですが、マスキングテープは塗装したい場所から別の場所へはみ出さない様にするために使用されます。

女性

外壁塗装に使用される塗料にも様々な種類がある

外壁塗装に使用される塗料には、アクリル系、ウレタン系、シリコン系、フッ素系の4つの種類があります。これらの種類は、合成樹脂が主な成分となりますが、その中でも配合されている物質がことなるため、耐久性や仕上がった後の見た目などに違いが出てきます。そのため、塗装場所に適したものを選んで使用するようにしましょう。

塗装

工事をするタイミング

住宅の寿命は、建てられている場所や環境などでも変わってきますが、目安としては約30年とされています。そのため、寿命が来る前に早めに外壁塗装を行なっておくことが重要となるのです。外壁塗装のタイミングは、大体築年数が10年経ったぐらいがよい時期と言われています。住宅を長持ちさせるためにも定期的にメンテナンスも行なっておくとよいでしょう。

刷毛

耐用年数はどのぐらい?

外壁塗装の耐用年数は使用する塗料の種類によって異なります。例えば、アクリル系の塗料であれば、約4年から7年が平均とされています。また、ウレタンの場合だと、6年から10年とアクリルよりは少し耐久年数が高くなっているのです。このように使う塗料によって寿命が変わってくるので、塗料の知識を持っておくと外壁塗装をより賢く依頼することが出来るようになるでしょう。

外壁塗装の種類を比較!~ウレタンとシリコン編~

ウレタン

ウレタン系の塗料は光沢があり、仕上がりが綺麗になります。また付着性に優れているため様々な外壁と相性が良いとされています。また気候の変化にも優れているという特徴も持ち合わせていますよ。

シリコン

シリコンは塗料の中でも耐熱性に優れており、コーティング力も高いため汚れを寄せ付けにくいとされています。ウレタン系塗料に比べると価格が高いとされていますが、耐久性があるのでトータル費用は同等と言えるでしょう。

プロに依頼するのが一番

外壁塗装は自分で行なうことも出来ます。しかし自分で塗装を行なってしまうと、どうしてもムラがで出来てしまったり、綺麗な仕上がりにならなかったりすることがありますので、なるべくは外壁塗装のプロに依頼すると良いでしょう。プロなら施工も丁寧なのでムラなく仕上がりますよ。

外壁塗装の業者の選び方で気をつけるポイント

ペンキ

評判や口コミ評価

外壁塗装業者の選び方で注意すべきポイントは、業者の口コミや評判です。料金だけで業者を選んでしまうと納得のいかない仕上がりになってしまう可能性もあるので、しっかりと業者の口コミや評判はチェックしておきましょう。

価格が適正か

施工料金が一般相場よりも安すぎるのも怪しいですし、高すぎても不安になります。適正な価格を提示しているのかということも、外壁塗装業者選びでは注意しておきたいポイントとなっているためきちんと相場を調べましょう。

相見積もりが可能か

複数の外壁塗装業者に見積もりを出すことを相見積もりと言いますが、お得に業者を利用するためには行なっておきたいこととなっています。しかし業者によっては相見積もりが出来ない場合もあるのでその点も注意が必要になります。

[PR]
愛知で外壁塗装業者を利用しよう
家の雰囲気をchange☆

[PR]
外壁塗装なら神戸市の業者に頼もう
施工実績を豊富に公開中

大阪で好評な外壁塗装専門店!

広告募集中